Linux

2006年11月24日

外付けハードディスク関連のトラブル続出 5

df87f48c.jpgPC救急隊・横浜保土ヶ谷SCの早川です。

最近外付けHDDの中身が見えない、復旧ソフトでもNGの案件が多いようです。

バッファローのLAN対応品及びUSBのものの一部はリナックス仕様となっています。

HDDを取り出して、ウィンドウズからもドライブ認識はしますが、フォーマット形式がリナックスになっていますのでNGです。

ターボリナックスなどにマウントすると見える場合がありますね。

また、Linkstationなどは、FAN不良が多発していますが、市販のCPU用FANに交換可能ですので、急ぎの案件でも、修理対応可能です。

この際、データ復旧のさいに、RAID対応のテラステーションに変更するのもお勧めです。

「サーバーはメンテが高いし大変。リンクステーションは、FANが弱いので大事なデータバックアップには、不安がある」というお客様からもかなり好評です。

パソコン修理のジャパンエイドPC救急隊

プロフィール

ホームページは下のリンクから

パソコン修理を24時間・年中無休ですぐに駆けつけます!相談無料!
持込・宅配修理OK。全国対応。パソコントラブル・設定はPC救急隊におまかせ下さい。

アーカイブ
カテゴリ
Skype Me