スマートフォン

2015年08月27日

セキュリティーのご相談

ジャパンエイド PC 救急隊大阪 SC  片岡です。
 
寝屋川市の事件、犯人は捕まりましたが、最悪の結果になってしまいました。地元だということもあって、正直、逮捕されるまで、中学生の子供さんをお持ちのクライアントさんは「不安だ」とおっしゃってました。

今回は、直接なネット絡みの犯罪ではなかったようですが、子供さんのスマホ利用については、保護者の方も気をつけてあげてほしいと思います。

弊社でも、セキュリティーのご相談を承っております。早めにお問い合わせください。まずはお気軽にお問い合わせください。
 
スマートフォン、パソコンのセキュリティーは、ジャパンエイド PC 救急隊まで。
 







2015年01月07日

スマホで電話できない

ジャパンエイド PC救急隊秩父SC 酒田が担当しました。

 

弊社のお客様、小売業を営むA様から「スマホの電話がかからない」との連絡がありました。一応、キャリアに問い合わせたのですが説明がよくわからず、弊社に電話を下さったそうです。

 

A様の事務所に行き、詳しいお話を伺ったところ、ここ12ヶ月、電話がかかったり、かからなかったりしていたそうです。特にかけようとすると電話アプリが強制終了。着信通話は問題ないということでした。


102421


 

電話アプリの不具合なら、キャリアに持っていくと、多分修理になるでしょう。その場合、修理代より機種変更するほうが安くなる場合があります。とにかく電話アプリを一度削除して、再インストール。それでも不具合がでるようなら、修理または機種変更することにしました。ただし、この場合は電話帳のデータが消えてしまいます。削除をするのであれば、まず電話帳をSDカード、マイクロSDカードに退避させてからにしてください。

 

なお、電話アプリの入れ替えでも改善できなかった場合、スマホを初期化する方法があります。ただ初期化してしまうと、購入したときのまっさらの状態に戻りますから、データのバックアップが必要です。初期化したとしても、電話アプリが改善されるかは確約できないので注意が必要です。

 

電話として使われなくなって久しいスマホ(携帯電話)ですが、やはり通話機能に不具合が生じるのは困りものです。弊社では、どんな些細なご相談にも対応させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

 

パソコン、IT機器のあらゆる悩みを解消する、ジャパンエイド PC救急隊。



2014年12月27日

馬券が買えない理由

ジャパンエイドPC救急隊多摩SC 緑川です。

担当エリアに東京競馬場があるせいか、このところ有馬記念のことを話している人が多いようです。

お得意様の建設業社長W様も競馬好きで、競馬場に行ったり、また仕事があるときはスマホで馬券を買うことも多いようです。

先日、W社長様の事務所でパソコンのメンテナンスをしていたところ、W社長様から「この間、スマホで馬券が買えなくて困った」というお話をうかがいました。投票ページになかなかすすめず、結局買いのがしてしまったとのこと。原因がよくわからないと言われたのですが、おおよそのあたりはつきました。

「多分、ページを開きすぎていたからだと思いますよ」

スマホでサイトを見ていると、いつのまにか複数のページを開いてしまうことがあります。そのままにしておくと、容量不足で新たにページが開けなくなるのです。

また、最近はスマホで馬券を買う人も多いですから、競馬場近くの局にアクセスが集中することもあるようです。

W社長様の買えなかった馬券は高配当だったそうです。「今度は逃さんよ」と苦笑いする社長様。有馬記念は、大きな馬券を的中できるといいですね。

スマホを仕事、プライベートで快適に使うためのご相談は、ジャパンエイドPC救急隊へ

2014年12月12日

KDDIが格安スマホに参入

ジャパンエイド PC救急隊城西SC 中井が担当しました。

 

格安スマホが何かと話題になっていますね。今まではイオンやビックカメラなど、NTTドコモ回線を利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)が中心でしたが、au〜KDDIも参戦することになりました。

 

ドコモ系との違いは、KDDI自身が「KDDIバリューイネイブラー」という子会社を作り、サービスを提供するというところでしょう。「UQ モバイル」のブランド名で、高速データ通信(容量月2ギガバイト)のみで月980円(税抜き)をはじめとする4種類のプランが用意されるとのことです。端末は京セラと韓国LGの2機種。スマホ代+高速データ通信+音声通話をセットにしたプランだと、毎月2920の支払いは(税抜き)になります。

 

販売は今月18日から。ビックカメラやヨドバシカメラなど家電量販店でも販売されます。ただし、auキャリアの人も新規での契約が必要。今までフィーチャーフォンを使っていて、「そろそろスマホにしようかな?」と考えている人にはおすすめではないかと思います。

 

携帯電話大手が試みる初の取り組みだけに、注目したいです。

 

パソコン、IT機器の情報もおまかせ。ジャパンエイド PC救急隊へ。



2014年08月17日

スマホ教室やってます 4

プラネットワークスジャパンエイドPC救急隊及び渋谷電脳塾では、スマホの使い方教室、インストラクター派遣を行っています。

料金: 1回当たり90分で税別9000円 (人数は1~5人程度まで、出張費別途税別5000円)
場所: お客様事務所、ご自宅、弊社渋谷電脳塾或いはカフェ等

使い方がわからない、もっと効果的に使いたい、仕事で有効に使いたい等ご要望をお聞かせ下さい!

お問い合わせはこちらからどうぞ 

スマホ教室 

2014年05月15日

危険なスマートフォンアプリ

ジャパンエイド PC救急隊城西SC 喜多村が担当しました。

 

最近、スマートフォンアプリに対して、お客様から様ざまなお問い合わせをいただいています。というのも先月末に、「インターネットエクスプローラーに脆弱性がある」という報道があったばかりで、パソコンのみならずスマートフォンにも不安を感じたお客様が多かったようです。また、実際に「知らない人から電話やメールがあった」など、有名スマホアプリが原因と思われるトラブルに対処することも多くなっています。

 

スマホアプリには、例えばブラウザやツイッターなどのSNS系ひとつとっても結構種類があり、スマホやタブレットをよく使う人でも、危険なアプリをうっかりインストールしてしまうことは少なくありません。初心者やITに不慣れな方だと「どれを選んだらいいのか」「このアプリは安全なのか?」さらにわかりにくいと思います。

 

特に若年層の場合、「無料だから」「友人が使っている」からと無差別にアプリをダウンロードしている間に、スマホの情報を抜き取られていることがままあります。

 

「タダほど高いものはない」ということわざがありますが、無料で使えるアプリの中にはその「引き換え」として、何らかの情報を請求してくるケースがほとんどだといえます。しかし、その警告をきちんと読まないままダウンロードしてしまうため、後から問題が発生しているようです。


自分のスマホにいれたアプリの動きが怪しいと感じたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
 

スマートフォンやタブレットの操作、アプリ、ウィルス対策のご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ

2014年05月06日

SDカードは熱に弱い?

ジャパンエイド PC救急隊群馬SC 谷岡が担当しました。

 

GW明けということもあり、デジカメ、携帯電話やスマートフォンで撮影した写真についてのお問い合わせが少なくないようです。最近は、特にスマホについての相談が増えています。まあ手軽で誰にでも簡単に扱える、さらにデータとして簡単に送信することができるため、記念写真=スマホが主流になっているんですね。

 

とはいえ、携帯やスマホはしょせん「カメラ」ではありません。ですからちょっとしたトラブルで写真が消えてしまう、また記憶媒体(マイクロSDなど)との相性がよくなかったためか、データが壊れてしまったりすることがあります。

 

僕が扱ったのはあるスマホについてのご相談。このスマホは「バッテリー内蔵型」、電池パックが消耗した場合、ショップに持ち込まなければ交換ができないタイプでした。相談者のA様は、撮影した写真をマイクロSDカードに保存していたのですが、ある日データをパソコンにコピーしようとしたところ、「カードが破損している」というメッセージが出たそうです。ソフトなどを使い、復元を試みたのですが不可能。「多分、カードに不具合があったのだのだろう」とあきらめて、新しいカードに買い換えました。

 

しかし、また同じことが起こったのです。

 

もともとスマホで利用していたSDカードが壊れやすいというケースはかなり多いといえます。「SDカードのマウントが解除されました」「このSDカード(もしくはデータ)は破損しています」というメッセージが出て、まったく使えなくなってしまう。この原因のひとつが「熱」なのです。特にバッテリー内蔵型は、長時間使っていると熱が篭りがちになります。そのせいでデータが壊れる可能性は少なくないといわれています。

 

今回は復元ソフトで大事な写真をサルベージできましたが、SDカードはスマホのちょっとした熱や衝撃に弱いので、撮影したデータは早めにパソコンに移動させる、外部ストレージなどにコピーすることをおすすめします。

 

年中無休、24時間体制。データ破損の復元は、ジャパンエイド PC救急隊へ

 



2014年03月05日

寒気団のせいでスマホが不調!?

ジャパンエイド PC救急隊長野SC 松沼の担当です。

 

強い寒気団のせいで、3月だというのに日本中が真冬に逆戻りしていますね。雪害のせいで流通が麻痺するなど、皆さんも不便な生活を強いられたことと思います。そんな中、個人のお客様、T様から「スマートフォンの電池が持たない。故障なのだろうか?」というご連絡をいただきました。冬になってからというもの、あっという間にバッテリーがなくなってしまうのだそうです。

 

結論から言いますと、T様のスマホは故障ではありませんでした。というのも、冬場は充電池が消耗しやすくなるからです。例えば、デジタルカメラなどでも冬季は充電池の減りが早くなります。

 

またスマホをはじめ、パソコンやタブレットなどのIT機器には動作可能な温度が設定されています。Apple社のサポートページなどを見ても、「iOSデバイスは035℃の環境下で使用すること」「高温下や低温下では、バッテリーの温度調整のため、一時的にデバイスの動作が変化したり、バッテリーの消耗が早くなる」といった注意書きがあります。

 

またバッテリーの消耗は猛暑でも早くなります。つまり猛暑・極寒という状況下に、スマートフォンは弱いということなのです。ですから、できる限り適温状態で使うのがベストということになります。外出時は予備のバッテリーを携帯しておくことがおすすめです。

 

まだしばらく寒気団は居座るようですから、バッテリー切れには十分注意してください。

 

パソコンをはじめ、スマートフォン、タブレットのあらゆるご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ



2014年01月17日

スマートフォンのSDカードが勝手に解除される

ジャパンエイド PC救急隊大阪SC 木下が相談をお受けしました。

 

3連休があったこともあり、このところSDカードやメモリースティック、マイクロSDカードなどの記憶媒体についてのお問い合わせが少なくありませんでした。よくあるご相談は「カメラやビデオ、スマホや携帯で撮影したはずの写真が消えてしまった」というものです。

 

これと同じようなケースではあるのですが、「スマートフォンのマイクロSDカードが勝手に外されている」というご連絡もあります。これはどういうことかというと、例えばスマホにマイクロSDを挿入して、しばらく写真の保存先として使っていたところ、ある日突然、カメラが使えなくなった。シャッターすら切れない。あわてて調べてみたら、どうやらストレージに問題があるらしい。そこでストレージ(この場合はマイクロSDです)を確認してみると、「マイクロSDカードが外されました」「利用できません」というメッセージが出ているのです。中には「利用できません。フォーマットしてください」と表示されることもあります。

 

まだ容量はたっぷり残っているはずなのに写真は撮れない。おまけにSDカードは不具合、さらにカードを外してパソコンなどで中身を見ようとしたら、今まで撮影した写真がすべて消えている。もう、「何が何だかわからない」といったお客様もいらっしゃいました。

 

どちらにしても「写真は消えて」いるのですが、スマホにおいての相談だと、最初は何が起こったのか、把握できないケースがままあります。簡単にいえば、スマホがカードを認識していないんですね。

 

この原因には様ざまなものがあります。よく聞かれるのは「頻繁に抜き差したため、金属部分が汚れた、破損した」「マイクロSDと機器との相性がよくなかった」「反対に差すなど、無理な力を与えたために壊れた」などです。とはいえ、正しく使えば、それほど頻繁に起こることではないといえます。

 

ただ、スマホもマイクロSDも精密機器ですから、ちょっとしたことで不具合が起こることは十分に考えられます。そんな時は弊社にお任せください。データ復旧・復元について、専門スタッフがお応えさせていただきます。

 

マイクロSDについては、もう少しお話したいので、次回も木下が担当の予定です。

 

年中無休、24時間体制。データ破損などのトラブルは、ジャパンエイド PC救急隊へ



2013年11月08日

スマホがすぐに使えなくなります

ジャパンエイド PC救急隊新潟SC 新田が担当しました。

 

スマートフォン初心者の方から「スマートフォンが、あっという間に使えなくなる」というお問い合わせを多くいただいております特に携帯電話からスマートフォンに機種変更されたばかりの方、年配の方からのご相談が中心で、「携帯電話のときは、2〜3日充電しなくても使えた」「故障なのだろうか?」という声をよく聞きます。

 

お若い方やIT機器を使い慣れている方なら「スマートフォンは電池持ちが悪い」ことをよくご存知なのですが、使い始めた方はどうしても携帯電話と比較してしまうようです。大手携帯およびスマートフォンのメーカーが行った調査によると、携帯電話ユーザーさんがスマートフォンに買い換えない理由のひとつに「電池持ちが悪い」ことがあげられています。

 

これを回避する方法には、「明るさほか画面の設定を変える」「wifiなど、使わない無線機能やGPS機能を無効に」「多くのアプリを常駐させない、自動更新をオフにする」といったものがありますが、初心者の方には何がなにやらわからないことも多いかと思います。

 

そこでまずおすすめしたいのが、予備バッテリーを持ち歩くということです内臓バッテリーをはじめ、家電量販店にいくと多くの携帯型バッテリーが売られています。その中から自分の機種に合ったものを予備として用意しておけば、充電が少なくなってもあわてることはありません。

 

できれば設定の見直しが効果的なのですが、電池切れの緊急事態を回避するには一番簡単な方法です。もちろん、弊社では使いやすく、バッテリー切れしにくい設定など、お使いのスマートフォンにかんする各種ご相談を承っております。またスマートフォンの基本的な使い方などもご説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

パソコンに加え、スマートフォン、携帯電話ほか、あらゆるIT機器のセットアップは、ジャパンエイド PC救急隊へ

2013年10月26日

ブラウザが固まってしまう

ジャパンエイド PC救急隊多摩SC 横山が担当しました。

 

弊社と懇意にしていただいているA社の営業W様から、「スマートフォンでネットが見られない」というご連絡をいただきました。W様はメールはもちろん、「Evernote」(Evernote社が提供するサーバ上にテキストや画像などのデータを保存することができるクラウドサービス。個人用ドキュメント管理システムともいえる)などを活用して仕事をしているため、ネットが使えないのは致命傷といっても過言ではありません。

 

スマートフォンを使っていて、「ネットが見られなくなる・フリーズする」「読み込みが遅い」という現象は結構耳にします。この原因の多くは、スマートフォンのメモリ不足にあるようです。例えば複数のページを開けば、ブラウザが落ちるのは当たり前。画像や動画のあるサイトだと読み込みエラーで止まる場合もあるようです。他には起動している常駐アプリが多すぎる、バッテリーの発熱などが影響していると思われます。

 

メモリ不足が要因ということであれば、使わないアプリをOFFにして、メモリの消費を抑えることができます。またスマートフォンの機種や使用環境によっての多少の違いはありますが、スマートフォン付属の標準ブラウザはメモリを消費しやすい傾向があるようですから、別のブラウザを使用することで不具合を改善することもできます。W様のケースもメモリ不足がブラウザのフリーズ原因でしたので、常駐アプリの見直しなどを行い、対処させていただきました。

 

ブラウザがかたまってしまった場合、まず電源を切り、再起動をかけると、おおよそは元に戻ります。しかし、上記のようなことを含め、最悪なケースだと基盤の故障も考えられますから、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

各種IT機器の設定、ウィルスチェックは、ジャパンエイド PC救急隊へ



2013年10月21日

Androidスマートフォンの不調について

ジャパンエイド PC救急隊大阪SC 豊岡がお受けしたお問い合わせです。

 

大手飲食店で営業職についておられるH様から、「Androidスマホの具合が悪い」というご連絡がありました。特にこのところ「画面が真っ黒になる」ことが多いといいます。インターネットを見ているときが顕著とのこと。キャリアショップに行ってもよいのですが、「待たされるのが面倒」「ショップによって対応の善し悪しに差がありすぎる」ということで、会社ぐるみでお付き合いさせていただいている弊社に連絡を下さったそうです。

 

パソコン同様、スマートフォンも使っている間に動作が不安定になってしまうことが、ままあります。例えば「動作が遅くなった」「タッチしても反応しない」「アプリ強制終了」、H様のように「画面がいきなり真っ黒」などが、多く寄せられている症状です。

 

このような症状が起こったときは、まずアプリの不具合を疑います。一度電源を切って、再起動させてみることです。案外この対処方法で通常通りに動くようになる事が少なくありません。

 

これでも動かないようなら、アプリを一度アンインストール、再ダウンロードしてみましますが、H様のスマホは、電源を落としたことで問題なく動くようになりました。

 

またの不具合が起こる場合、「バックグラウンドで自動起動するようなアプリ」「きちんとアプリを終了していない」などの原因が考えられます。この点はパソコンなどとも同じですから、「必要のないアプリはアンインストール」「使っていないアプリの切る」ことを心がけてください。

 

 

Androidスマートフォン、iPhoneについてのご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ



2013年10月02日

スマートフォンがフリーズ

ジャパンエイド PC救急隊多摩SC 横山が担当しました。

 

弊社のお得意様であるR社の総務部T様から、「スマートフォンが止まった」というお電話をいただきました。この夏、スマホに機種変更。仕事で使うことも多いとのこと。突然使えなくなったため、T様はかなり困っているご様子でした。

 

不具合の内容を聞きながら「フリーズ? それなら口頭で説明すれば」と思ったのですが、「できれば本体を見て欲しい」というT様からのご要望で、早速会社へおうかがいしました。

 

スマートフォンの動作が遅くなったり、フリーズしてしまう原因には、実行アプリケーションが端末にかける負荷が少なくありません。ウィジェットや無料通話アプリ、メッセンジャーといったアプリは、バックグラウンドで常時待機するタイプが多いのです。ですから、このようなタイプを数多くインストールしてしまうと、フリーズを起こしてしまいます。

 

T様も、いろいろなアプリを友人やスマホをよく知る人から紹介され、すすめられるままにインストールしていました。いくら便利なアプリでも、闇雲にインストールすれば、本体を圧迫することになります。

 

取り急ぎ、バッテリーを外して電源を切り、しばらく置いてから電池を取り付けて起動したところ、スマホは正常に起動。その後、利用していないアプリを削除、ウィルスのチェック、設定の見直しをして、作業は終了しました。

 

弊社ではIT機器を快適に使うご提案を行っております。どんな機種にも対応可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

各種IT機器の設定、ウィルスチェックは、ジャパンエイド PC救急隊へ

 



2013年09月27日

スマホにメモリーカードが入らない?

ジャパンエイド PC救急隊静岡SC 柏原が担当しました。


個人のお客様H様から、「スマートフォンにメモリーカードが入れることができない」というご連絡をいただきました。H様は会社をリタイアされ、現在は俳句などの趣味を楽しんでいらっしゃるそうで、「どこにいても、気軽に俳句が書ける」と考え、スマホを購入することにしたそうです。


H様はスマホが初めての携帯端末(アンドロイド)。お電話では説明が難しいということで、早速ご自宅へお伺いすることにしました。


「メモリーカードが入らない」というケースには、「もともと本体に問題(不良ロット)」「入れる方向を間違えている(裏表が逆)」「購入したカードに不具合」などの原因が考えられます。


H様のスマホですが、カードを見せられて驚き。H様は「マイクロSDカード」使用の機種に「SDカード」を入れようとされていたのです。IT機器に慣れた若い世代の方は「まさか!?」と思われるかもしれません。しかし、デジタルが身近でないシニア世代の方が、このような間違いをされるのは珍しいことではないのです。


H様は家電量販店でスマホを購入したそうですが、その際、「メモリーカードは別売り」との説明はありましたが、「後で購入すればいい」と、その場でお買いにならなかったといいます。一応どのカードを使えばよいかは聞いたそうですが、「マイクロSDカード」を「SDカード」と間違って記憶していたのです。お使いになっているデジタルカメラの記憶媒体が「SDカード」であったことも、勘違いの原因になったようです。


スマホには何も問題がありませんでしたので、改めて「マイクロSDカード」を購入していただく必要があること、どこに装着すればいいかをご説明させていただきました。


シニアの方には、デジタル機器で便利な生活を送っていただきたいと思います。しかし、売り手の説明不足で、機能を十分生かしきれていないと感じます。どんな些細なご質問ご相談にもお応えさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


 

 

 

 

 

 

 

 



2013年09月25日

スマホが熱くなるのは故障ですか?

ジャパンエイド PC救急隊栃木SC 浜元が担当しました。

 

日ごろから、いろいろなご用命を承っている個人店舗A様。先日、「Windows8 乗り換えパック」を導入にお伺いしたところ、「スマートフォンの具合が悪い。端末が熱くなるのは、暑いからでしょうか? それとも故障ですか?」というご相談がありました。

 

「端末が熱くなる」「使い捨てカイロのようになる」というのは、結構、耳にする話です。症状は様ざまですが、中には「持てなくなるほど熱い」など、深刻な状態になるケースもあります。このような場合は、端末自体に何らかの不具合が生じている、不良品の可能性も考えられますから、キャリア・ショップに相談することをおすすめします。

 

スマホが熱くなる現象には、様ざまな原因があるようです。よく知られているのは「充電中」「(ゲームなど)CPUに高い負荷をかける動作を行っているとき」「LTEなど高速で通信しているとき」が多いといえます。つまり、スマホに負荷がかかると、バッテリーが熱くなる=スマホが熱を持ってしまうということです。

 

通常の使い方をうかがい、端末の具合を見たところ、A様の場合も深刻なものではなく、バッテリーの熱が要因だと思われます。

 

とはいえ、スマホが熱くなるのはバッテリーの劣化につながります。そこで、発熱を防ぐ方法をご紹介させていただきました。

 

まず、熱くなったら「スマホを冷ます」ことです。熱を持っていると感じたら、ケースやカバーから外し自然冷却させてください。その際、電源を落とし、バッテリーを外して(一体型でない機種)冷やすのも良いといえます。さらに防塵防水仕様スマホであれば、ヘッドホン端子や充電端子の蓋を開けて冷却させると効果的です。

 

また「GPSがオンになっている」「ライブ壁紙を使っている」とスマホに負担がかかります。他に利用していないアプリがバックグラウンドで動いていると発熱の原因にもなりますから、これを切るようにしてください。

 

ただ、スマホ初心者の方にとって、利用していないアプリのチェックなどは、結構難しいことかもしれません。そのようなときは、ぜひ弊社にご相談ください。お手持ちのスマホを最適化するお手伝いをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

 

携帯電話、スマートフォンのセットアップ、各種ご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ

2013年09月22日

写真は消えていなかった!?

ジャパンエイド PC救急隊大阪SC 木下が担当しました。



連休が続いたせいか、お客様から「スマートフォン、または携帯電話で撮影したはずの写真が消えてしまった」というご連絡が多いようです。「友人に画像を送ろうと思ったのに……」「プリントしようとしたのですが」というお電話に対して、お客様の思い出を何とか復元したいとやる気が出てきます。



画像が消えたというご相談の中には、「写真を保存していたSDカードが予期せぬトラブルで破損」「誤って消去ボタンを押してしまった」という確信的なケースもありますが、ときどき「画像を見失ってしまった」という場合もあります。というのも、スマートフォンなどは「どのファイルに画像が入っているか」がわからなくなり、それを消去してしまったと勘違いすることがあるからです。このようなお問い合わせは携帯からスマホに乗り換えたばかりのお客様に多く、ファイルマネージャー(ファイルやフォルダの作成や削除などを行うことができる。ファイル管理ソフトなどとも呼ばれる)を使って調べてみると、きちんと保存されていることもままあります。



しかし、初心者の場合は、闇雲に画像を探そうと間違った操作をしてしまい、その結果、大切な写真が消えてしまうことも少なくありません。無理にスマホを動かさずに、できればご連絡いただければと思います。




ぜひ、お気軽にご相談ください。
 


 


 


 




プロフィール
アーカイブ
カテゴリ
Skype Me