外付け機器

2013年12月20日

プリンタ不調の原因は?

ジャパンエイド PC救急隊埼玉SC 本橋がお受けしたお問い合わせです。

 

個人のお客様H様から、「プリンタで印刷ができない」というお問い合わせがありました。パソコンで年賀状を作ったのですが、いざ印刷しようと思ってプリンタにつなげたにもかかわらずまともに動かない。どうしてよいのかわからずに連絡を下さったそうです。

 

プリンタが動かないときのチェックにはいろいろあります。まず、最初に疑うのは配線でしょう。「パソコンとプリンタのケーブルがきちんと差し込まれていなかった、どちらかが抜けていた」というミスは、意外に思われるかもしれませんが結構多いのです。時には「プリンタの電源が入っていなかった」と、ちょっと冗談のような原因で動かないこともあります。

 

またハブを使っているケースも少なくありません。パソコンから直接つながず、ハブを用いて繋いでいると、他のUSB機器との電源や帯域の干渉によって、プリンタが正常に動作しなくなることもあるのです。

 

他に初歩的なミスとしては「インクが切れていた」というのも多いですね。特に普段あまりプリンタを使わない、年賀状を作るくらいという方は、インク切れに気が付かないことがありますね。

 

H様も通常プリンタを使う機会が少なく、ほぼ年賀状制作のみという方でした。最初にパソコンとプリンタを拝見したとき、ハブを使っていたのが気になったので直接つないでみたところ、プリンタは正常に動き出しました。

 

しかし、出てきた印刷物はまだら模様。しばらく使っていなかったので、インクが目詰まりを起こしていたのです。また、そろそろインクが切れそうな状態でしたので、購入をおすすめしました。

 

プリンタのトラブルは年末に多く寄せられますが、まずは落ち着いて基本的なところを確認するとわりと容易にミスを発見できます。ただし、プリンタ単体で動くのに、パソコンと接続して印刷できないときは、本体側の故障も考えられますので注意してください。

 

パソコン修理、プリンタの不具合は、ジャパンエイド PC救急隊へ



2013年12月11日

別のデータが印刷されるのですが?

ジャパンエイド PC救急隊京都SC 直来がお受けしたご相談です。

 

今年の冬は寒いそうですが、本当に日本各地で冷え込みが厳しいですね。気温が下がるとなかなかパソコン本体が温まらず、立ち上がりに時間がかかることもありますので、なるべくお部屋を温めてから電源を入れるようにしてください。

 

本日は土産店を営むT様から「年賀状を作成しようとしたら、別のデータが印刷された」というご連絡がありました。

 

自宅で年賀状印刷が当たり前になって、この時期、プリンタ関係のお問い合わせは結構多いですね。早速T様の店舗にお伺いして、チェックさせていただいたところ、確かに以前お作りになったという広告が印刷されます。このような現象が起こるときは、前に印刷しようとしたデータが、そのまま残っていることが考えられます。

 

コントロールパネルを開いて、デバイスとプリンタの状況を調べたところ、やはり広告のデータが残っていました。これを削除してパソコンの電源を落とし、プリンタを繋ぎなおして再度パソコンを立ち上げ、プリンタの電源を入れます。これで年賀状のデータを入れなおしたところ、今度はきちんと印刷することができました。

 

このような現象は、途中で印刷をやめ、そのままにしているとよく起こります。印刷が終わったら、データが残ってないかどうかを確認しておくといいと思います。

 

印刷を失敗してしまうと年賀状がもったいないですしね。ですから印刷前には、必ず試し刷りをしたほうがいいですよ。インク切れにも注意してください。

 

パソコン修理、プリンタの不具合は、ジャパンエイド PC救急隊へ



プロフィール
アーカイブ
カテゴリ
Skype Me