緊急問題

2015年09月10日

大雨注意報

ジャパンエイド PC救急隊茨木北SC 宮城坂です。


栃木、茨城の豪雨による河川の氾濫。こちらは被害がほとんどありませんが、他地域では救助を待っている方がいらっしゃると思います。今まで考えられなかったような雨量、大規模洪水。予想以上の状況ですので、みなさん本当に注意してください。


今回、救助された方の中には携帯機器を利用して救助を求め、無事に助けられた方もいらっしゃるようです。避難する際は、できれば情報を把握するため、スマホなどを持って出ることも必要だといえます。


 

本当に少しでも早い救助、復旧を祈っています。救助隊員の方も十分気を付けてください。


 

067383


 

 



2015年07月01日

防災アプリのすすめ

ジャパンエイド PC救急隊熱海SC 上森が担当しました。


先日、気象庁が、箱根山噴火警戒レベルを「2(火口周辺規制)」から「3(入山規制)」に引き上げました。周辺、近隣の方は常に情報を収集し、緊急時に備えてください。なお「レベル3」というのは、「入山規制 居住地域の近くまで重大な被害をもたらす噴火が発生、あるいはその恐れが予想される状態」をいいます。


自然災害情報を察知するには、スマートフォンや携帯などの機器で、緊急警報を受け取ることができます。たとえば「YAHOO」には「防災速報」というアプリがあり、火山噴火をはじめ、地震、津波などの速報を伝えてくれます。


 

自分も個人的に使っていますが、火山周辺地域の方はもちろん、通勤通学、外出が多い方はこのようなアプリを入れておいたほうがいいと思います。


また自然災害に対するIT機器の保護についてのご相談は弊社におまかせください。


 

 

067383

 

 



2014年10月05日

台風に伴う雷にご注意を!!

ジャパンエイド PC救急隊城西SC 葛城からのお知らせです。

 

関東は台風直撃。これから雨風が強くなると予想されます。関東では雷が鳴っているエリアもあるようですから、落雷には十分注意してください。大事なデータを失わないためには、まず雷サージを防止するタップを使う、雷が近いときにはパソコンの電源を切ることをおすすめします。

 

私の自宅近くを走る京王線などでも遅延、運休がアナウンスされています。外出の必要がない方は自宅待機、お仕事の方は十分に注意してください。

 

もし、パソコンに異常が起きた場合は、ご連絡ください。台風の勢力にもよりますが、できる限り皆様のお問い合わせにお応えしたいと思います。

 

年中無休、24時間体制。パソコン、IT機器などのトラブルは、ジャパンエイド PC救急隊へ



2014年06月01日

HP閲覧でコンピュータウィルス!!

ジャパンエイドPC救急隊神奈川SC 川上が担当しました。

 

今日はかなり暑い一日となりました。気温もですが、とにかく問い合わせが多かったんです。特に法人、個人にかかわらず、定期的なご依頼をいただいているお客様から「H.I.Sのサイトを見てしまった」「JUGEMでブログを作ってしまったのだが……不安だ」というご連絡が耐えない状況。その理由は、世界的にばら撒かれたコンピュータウィルスだったんです。

 

これは、旅行会社「H.I.S.」、ブログサービスなどを行っている「JUGEM」、さらに動画サービス「PANDORA.TV」のウェブサイトを閲覧しただけで感染してしまうウィルス。Adobe FlashJavaScriptの脆弱性を悪用した攻撃で、銀行口座情報などが流出する危険があるといいます

 

なおH.I.Sが攻撃が受けたのは、524日〜526日、JUGEM524日〜528日の間。対処方法はウィルス駆除ソフトでチェックをする、Flash Playerを最新の状態にすることです。心当たりがある人は、すぐにチェックを行ってください。

 

もちろん弊社でも、今回のコンピュータウィルスについて対処のお手伝いを行っております。このウィルスは悪質なものですし、お困りのことがございましたら、お早めにご相談ください。

 

コンピュータウィルスについて対応・対処、予防については、ジャパンエイド PC救急隊へ

 



2014年05月04日

「Windows XP」「IE6」にもパッチを提供

 

ジャパンエイド PC救急隊多摩SC 横山が担当しました。

 

マイクロソフト「Internet Explorer」(以下IE)の脆弱性について、先日配布が始まったセキュリティ更新プログラムですが、4月9日にサポートが終了した「Windows XP」「IE6」にもパッチが提供されています。多くの一般ユーザーが、いまだに利用しているとの状況を受けての特別措置だそうです。

 

この脆弱性を放置しておくと、改ざんサイト、悪質なサイトにアクセスすると、アプリケーションの不正終了やPC乗っ取りというトラブルが起こる可能性があります。ですから「Windows XP」をまだお使いの方は、ぜひプログラムを更新してください。

 

「マイクロソフトのサイトにいろいろ書いてあるが、よくわからない」「うちのパソコンは自動更新されているのだろうか」など、不明な点がありましたらお問い合わせください。このようなトラブルは、早めの対処が大切です。

 

パソコンのプログラム更新、インターネットについてのご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ



2014年05月03日

「Internet Explorer6〜11」、パッチの配布

ジャパンエイド PC救急隊多摩SC 緑川です。


先日発見されたマイクロソフトのブラウザソフト「Internet Explorer611(以下IE)」の新たな脆弱性ですが、パッチの配布が始まっています。対象は、Windows8.1 UpdateまでのIE 611です。


通常自動更新で、このセキュリティ更新プログラム(パッチ)が提供されていると思いますが、「自分のパソコンは、すでに更新されているのか?」というところが、なかなかわかりにくいこともあるかと思います。また、「この脆弱性が原因で、すでに何らかの問題が起きているのではないか?」という疑問もあるかと思います。


今回の件に不安を感じているのであれば、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。法人様の場合、深刻な状況に陥るケースも考えられますため、「おかしいな?」と感じたら、ご連絡をおすすめします。もちろん弊社は、連休中も24時間無休です。


 

 

 

 



2014年05月01日

「Internet Explorer6〜11」に新たな脆弱性

ジャパンエイド PC救急隊多摩SC 緑川が担当します。

 

マイクロソフトのブラウザソフト「Internet Explorer611(以下IE)」に新たな脆弱性が発見されたとの報道がありました。問題のあるサイト、改ざんされたサイトにアクセス、コンテンツを開くと任意のコードが実行され、アプリケーションが異常終了、攻撃者にPCを乗っ取られる恐れがあるとのことです。

 

現在、マイクロソフトはこの問題に対する調査を進めており、完了次第、セキュリティ更新プログラム(パッチ)を提供する予定になっています。現状の回避策としては、「EMET 4.1の適用」「IE 1011では「拡張保護モード」を有効にする」「Flashプラグインの無効化」「VGX.DLLを無効にする」などを推奨。もしこれらを実施するのが困難であれば、プログラムが更新されるまではIE以外のブラウザを使用することもすすめています。

 

多くのパソコン利用者の方が採用しているIEですから問題は深刻です。まずはIEの利用を停止し、他のブラウザに切り替えることをおすすめします。特にパソコン初心者の方にはわかりにくい点も少なくないと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

 

パソコンのプログラム更新、インターネットについてのご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ

 



プロフィール

ホームページは下のリンクから

パソコン修理を24時間・年中無休ですぐに駆けつけます!相談無料!
持込・宅配修理OK。全国対応。パソコントラブル・設定はPC救急隊におまかせ下さい。

アーカイブ
カテゴリ
Skype Me