パソコン講座

2015年06月27日

最新のOSで古いアプリケーションを使うには?

Windows XPのサポートが終了してだいぶ経ちますが、PC救急隊にPC故障のお問い合わせ頂くユーザーの中にはWindows XP環境を使用している方が一定数見受けられます。

業務等で使用するアプリケーションがWindows XPまででしか動作しないことが主な理由ですが、セキュリティの観点やPC本体部品の経年から見ても修理して使うことは正直おすすめできません。

たとえば「Windows用」として開発されているアプリケーションであれば最新のOSで動作するケースもあります。
ただ、DOS窓で動作していたアプリケーションは起動すらできません。
これは、Microsoft社がWindows Vista以降で16bitアプリケーション(所謂DOS版アプリケーション)のサポートを打ち切ったためで、起動しようとすると次のようなダイアログが表示されてしまいます。

WS000000






さて、使っていたPCが故障してしまった場合に
・そのPCを修理してネットワークから切り離して使う
・最新のOSで利用可能な後継バージョンを使う

のいずれかが有力な選択肢になると思います。
が、後継バージョンが開発されていない、開発元自体が存在しないといった場合にはどうしたらいいでしょう?
その場合には、第三の選択肢として「最新OS上の仮想環境で利用する」ということが可能な場合があります。

そもそも「仮想環境」って何?と疑問を持たれる方も多いかもしれません。
仮想環境とは・・・コンピュータ上にソフトウェアによって仮想的に構築されたコンピュータ(仮想マシン)が備える仕様や機能の総体のこと。(IT用語辞典 e-Wordsより)

簡単に説明すると「OS上でWordやExcelのようなアプリケーションと同じような感覚で別のOSを動作させる技術のこと」と思って下さい。

Windows 7ではXPモード、Windows 8ではHyper-Vと呼ばれる標準機能があり、それ以外にもWindows ではVMWare、VirtualPC、VirtualBOX、MacではVMWare Fusion、Parallels Desktop といった様々な製品がリリースされており、仮想環境を構築することで、次のスクリーンショットのようにWindows 7環境下で複数のOSを実行することが可能です。
WS000001











このようなアプリケーションを使うことで、一部制限はありますが新しいPCを使いながらも過去の遺産を有効に活用することができます。

また、主となるOS上ではインターネットに接続しつつ仮想環境上のOSはネットワークから遮断することもできますのでセキュリティ的にも安心ではないでしょうか?

今回試験的にではありますがPC救急隊にてお問い合わせの多いアプリケーションの一つであるJW CAD(DOS版)が稼働できる環境を構築しました。
WS000002











Windows 7上でVMWare Playerを実行し、Windows 98をインストール、Windows 98上でJW CADが動作しています。
ただし、仮想環境といえど稼働させるOSがどんなに古くてもOSそのもののライセンスは必要となります。
※今回の環境を作るにあたって筆者の手元に残っていたWindows 98のライセンスを使用しました。

次回、無料で仮想環境を構築して、同アプリケーションを稼働させる方法を模索しご紹介させて頂きたいと思います。

XPパソコンについて、仮想化についてのご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ 



2014年12月30日

元気なお年寄りとスマホ

ジャパンエイド PC救急隊多摩SC 横山です。

 

今年も残すところ、あと1日です。個人、法人を問わず、たくさんのお客様のパソコン、IT機器を担当させていただきましたが、まだまだ勉強不足だなと思うことも多い1年でした。もともと少なくはありませんでしたが、このところお年寄りからのお問い合わせが増えています。

 

僕の担当エリアは、東京といっても、ここに長く住む地元の人が多いのも手伝っているのでしょうが、元気なお年寄りがパソコンやスマホを活用されています。ただ、中には「買ってはみたものの、上手に使いこなせない」というご相談が寄せられます。

 

基本的なミスが中心なので、個人的には「販売するときにもうちょっと、説明してあげればいいのに……」と思うこともありますね。

 

弊社では、どんな些細なご相談にも対応させていただいております。お気軽にお問い合わせください。なお、パソコン講座(初級)なども催しておりますので、もし興味がおありなら、こちらも併せてご利用ください。


 

今年もいろいろありがとうございました。皆様、よいお年をお迎えください。


パソコン、IT機器のあらゆる悩みを解消する、ジャパンエイド PC救急隊。

099894



2014年11月18日

年賀状の自作について

ジャパンエイド PC救急隊志木SC 小野川が担当します。

101477

















今年も残り2ヶ月。テレビでは「年賀状」販売の宣伝も始まったこともあり、ぼちぼち年賀状作成のご問い合わせも増えてきました。近年、パソコンでの年賀状作りは当たり前。企業でも社内で印刷するところが少なくありません。

 

とはいえ、センス良く見栄えのいい年賀状を作るのは骨が折れることです。そのお手伝いとして、弊社ではさまざまなご相談に応じております。そのひとつが「インストラクターの派遣」です。自社ホームページの製作をはじめ、パソコンで行うクリエイティブな作業を幅広くサポートします。

099894
























まずは弊社ホームページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。また「パソコン初級コース」などの講座も開講しております。来年は「自作の年賀状を」と考えている個人・法人のお客様は、ぜひご相談ください。

 

年賀状やサイト制作のご用命、わかりやすいパソコン講座のご相談は、ジャパンエイド PC救急隊へ



プロフィール
アーカイブ
カテゴリ
Skype Me