クラウドサービス

2015年02月26日

クラウドサービスの本音

ジャパンエイド PC救急隊神奈川SC 河上が担当しました。

 

最近クラウドを利用している個人、企業の方が増えていますね。どのくらい利用されているかと思って、総務省から出されている最新の「情報通信白書」を見たところ、「クラウドサービスを利用していると回答した企業」の割合は33.1%。これは平成24年末の28.2%から4.9ポイント上昇しているそうです。どのサービスが最も多く使われているかというと、やはり「電子メール」。これに「ファイル保管・データ共有」「サーバー利用」が続いています。

 

「情報通信白書」におけるクラウドの導入理由を見てみると、「資産、保守体制を社内に持つ必要がない」が最も高く、「初期導入コストが安価」「どこでもサービスを利用できる」という回答が上位を占めています。企業においては独自のサーバーを持つ必要がないので、コスト削減にもつながる点が注目されているようですね。ただ、外部サーバーを利用するクラウドサービスは、セキュリティ面に対する配慮が必要です。

 

現在、世界中には多くのクラウドサービスが存在します。社内に専門の部署がある、ITのエキスパートがいれば別ですが、内容、機能、料金面を比較し、自社に最適なサービスを選択するのは難しいという声も少なくありません。


101477

 

弊社ではクラウドサービスの構築、選択のご相談も行っております。新年度に備えて、サービスの新規導入、乗り換えなどをお考えなら、企業、個人のお客様にかかわらず、ぜひお気軽にご相談ください。

 

各種クラウドサービスの導入・構築は、ジャパンエイド PC救急隊まで。



2015年02月10日

人気のクラウドサービスとは?

ジャパンエイド PC救急隊大阪SC 木下が担当しました。

 

最近は法人のみならず、個人の方もクラウドサービスを利用されています。まあ、知らない間というか、自分が使っているサービスがクラウドだと意識していない方も多いと思います。

 

ちょっと調べてみたところ、企業が導入している人気のクラウド共有・同期サービスは海外だと「drop box」「Microsoft OneDrive 」「Google Drive」の順だとか。てっきりマイクロソフトが一位だと思ったんですが……。国内のシェアに目を向けると、結構ばらばらで、それでも人気なのが「Windows Azure」「Google App EngineGoogle Compute Engine」「Amazon Web ServicesAWS)」のサービスみたいですね。

 

ただ、クラウドは手軽で安価な反面、ハッカーなどの脅威もあり、セキュリティに対する配慮が必要です。ですから、貴社に最適かつ安全なサービスを選ぶことをおすすめします。弊社ではクラウドサービスにかんするお手伝いをさせていただいておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

各種クラウドサービスの導入・構築は、ジャパンエイド PC救急隊まで。

 



プロフィール

ホームページは下のリンクから

パソコン修理を24時間・年中無休ですぐに駆けつけます!相談無料!
持込・宅配修理OK。全国対応。パソコントラブル・設定はPC救急隊におまかせ下さい。

アーカイブ
カテゴリ
Skype Me